こんなお悩みないですか?


 

〇 人見知りで上手く人間関係が作れない。

 

〇 人見知りであるために自分に自信が持てない。

 

〇 他の人と比べてしまって自分には、何もできないと思ってしまう。

 

〇 頑張っているけど、変われない自分にイライラしてしまう。

 

〇 素直に自分のことを表現できないことがある。

 

〇 自分の考えが上手くまとまらないことがある。

 

〇 人の目が気になってしまう。

 

〇 引っ込み思案な性格を改善したい。

 



あなたの悩みを解決します。


自分に自信が持てるように

なります。

あなた自身が満たされて自信が持てるようになります。自分が満たされると周りにも良い影響を与えていきます。

自分の本音に気づくことが出来るようになります。

こころからやりたいことを見つけ出すことが出来ます。

 

 

ポジティブな自分自身に変わっていきます。

自分自身が認められるようになり、前向きな考えに変わっていくことが出来きます。

 


自分軸で考えて行動するようになります。

周りの目を気にすることなく自分が求めることを意識が向くようになります。

感情を上手にコントロールすることが出来るようになります。

自分自身の感情と上手く付き合い、ぶれないメンタルに変わっていきます。

自分の可能性に目を向けることが出来ます。

私たちの脳には、眠った能力がたっぷりあります。可能性を確信することが出来ます。


  

 

 

 

 

コーチングとは、

 

 

脳とこころ(マインド)のカラクリを活用して

 

「脳を味方につける方法、技術」です。

 

 

 

なぜ、脳を味方につけるのか?

 

と思った方もいるかもしれません。

 

 

 

私たちの脳は、

 

本来、持っている能力はあるにも関わらず、

 

メンタルブロックが掛かり、

 

見えない壁が立ちはだかり、

 

無意識のうちに自分の能力を過小評価してしまうのです。

 

 

 

つまり、 

 

眠った能力があるということになるのです。

 

 

 

潜在意識を開花することによって、

 

私たちが持っているの能力を引き出すことが出来れば、

 

あなた自身の未来を切り開くきっかけになるのです。

 

 

 

コーチは、

 

 

クライアント(コーチングを受ける人)の

 

ゴール設定・達成をサポートし、クライアントの

 

エフィカシー(高いゴールを達成できる自分の能力の自己評価)を

 

ドリームサポーターとして徹底的に高めます。

 

 

 

私たちは、

 

子供から大人になっていく過程で、

 

セルフイメージを刷り込まれていきます。

 

「明るいね」「積極的だね」「人見知りだね」

 

「あなたにはセンスがないね」

 

「おとなしいね。」「今は、無理だよ」

 

など周りの人が考えるイメージを植え付けられています。

 

 

過去を見て、「あなたの能力の限界を決めています」

 

 

 

現状を超えたゴールを達成するには、

 

頭で考え行動が出来るマインドを

 

身につけていくことが大切なのです。

 

 

 

 

なぜならば、

 

私たちの脳は、

 

「心から望むゴールがあるからこそ達成できる」

 

ように出来ているからです。

 

 

 

先にゴールがあって、達成方法は後から見えてくる

 

 

コーチングでは、表現しますが、

 

その感覚を持つことが大切なのです。

 

 

 

ゴールと現状とのギャップがあると

 

脳にとっては、

 

 

 

「(現状)におかしい」と

 

違和感を覚えるようになります。

 

違和感があるということは、

 

ゴールに戻る働きが出てくるのです。

 

それが、エネルギーとなって

 

行動を駆り立てるのです。

 

 

 

車で例えるなら、

 

ゴールを設定するということは、

 

高性能のエンジンを持つことになります。

 

 

 

ゴールというのは、

 

当然、人によって違います。違っていいのです。

 

当たり前のことかもしれませんが、

 

人によって生まれてきた環境や

 

場所が違うからこそゴールも違うのです。

 

 

 

逆に、誰かに刷り込まれたゴールでは、

 

力を発揮することは出来ません。

 

 

 

だからこそ、

 

あなた自身のゴールに目を向けてほしいのです。

 

あなたは、「もっともっと出来ますよ。」

 

あなた自身の可能性を信じてみよう。

 

 

 

コーチは、

 

クライアントのゴールを見ています。

  

クライアントの未来にしか興味がありません。

 

ゴールがあるからこそエネルギーが出てくることを知っているからです。

 

 

 

あなたは、

 

「ゴールを達成できる能力は持っています。」

 

あなたの可能性を切り開いて行きましょう。

 

 

 

 

Impressions