【褒めると自分に返って来る。】

相手の良いところを見つけて褒めると自分自身に対して同じように褒められていると脳は感じています。

なぜならば、
≪脳は、主語と否定語を認識できないからです≫

どういう意味かを説明しますと今から書くことをあなたは絶対に想像しないでください。

ここに、日本一酸っぱい梅干しがあります。口の中に入れると酸っぱさが広がります。
刺激は強いが、もう一個食べたくなるような梅干しです。もう一度食べてもやっぱり
酸っぱく口の中が唾液でいっぱいになります。

という文章を観た時に、あなたは、酸っぱいことを想像して唾液が出たり、梅干しを想像したりしていないですか?

初めに、想像しないでくださいと言われたにも関わらず想像してしまう。

これが、脳は主語と否定語を認識できない。という意味です。相手に言った言葉でも自分自身に言ったように感じます。

相手のことを褒めることで自分自身のセルフイメージも上がりますので試してくださいね。