【祖母との会話の中で】



私の祖母は、80代で現役の農家を行っています。

先日、畑で会う機会がありました。
その時に、亡き祖父との思い出を語ってくれました。

祖父と一緒に、畑を始めてしばらくたった時に、畑のメロンをいつも出荷している場所に出荷できない事態に陥ったそうです。

メロンの見た目に傷が入っているが、味は変わらない商品。

生活があるので、ずっと
「どうしようか?」
と考えたそうです。

その時に、自ら売りにいくことを決めたそうです。
それが、売れ行きが好調で目標としていた金額以上と
なっていたそうです。

この話を聞いて、脳の機能からすると当然の
結果だなと思いました。

達成方法がわからなくても、
≪どうしたら、達成できるか?≫
考え続けることで、達成方法を脳がみつけだしてくれる。

今まで、スコトーマ(心理的盲点)に隠れて、観えていなかった方法を観つけることが出来たのだ。

脳は、達成方法がわからなくても後から観つける事が出来ます。

ゴールが先、認識が後なので、達成方法がわからないゴールが
正しいゴール設定方法です。