【上手く行くほうに合わせる。】


失敗しないようにと

考えて行動していたりしませんか?


失敗することを考えるのではなく

上手くことを前提に考えて行動

していきましょう。


なぜならば、

脳は、意識していたとおりの

行動を起こすからです。



例えば、サッカー選手がゴールを

狙うときに、ゴールから外れないように

低めにボールを蹴っていくというふうに

考えたとします。


そうすると、外れないようにという

失敗を避けるための方法を

考えてしまうと返って失敗するように

意識が向かってしまいます。


そうではなくて、

ゴールが入る軌道を

考えてシュートを狙うことが

大切です。

なぜならば、シュートが入る

ことを前提に考えているからです。



大切なことは、成功していることを

イメージする言葉を自分自身にかける

ことです。



視点を上手く行くほうに合わせてくださいね。