【Want to(やりたいこと)をやる意味】




脳は、want to(やりたいこと)でやると

創造性が発揮されクリエイティブに

達成方法を考えることが出来ます。


なぜならば、脳には90パーセント以上の

眠った能力があるからです。

達成方法がわからないゴールでさえも

スコトーマが外れて、達成方法を観つけ出すことが出来る。

むしろ、達成方法がわからないゴールこそ

正しいゴール設定です;


一方、have to(やらなければならない)を

感じると創造的回避が働き、やらない理由を

考えて行きます。


大切なことは、他人の評価など一切関係なく、

高いゴールでも達成できる自分自身の

能力の自己評価(エフィカシ―)を

高く維持することです。


そのため、ゴールはもちろん

Want to(やりたいこと)を選びますよね。


達成方法がわからないくらい高いゴールを

設定して行きましょう。



ゴールは、他人に伝える必要もありませんので、

自分自身のゴール達成を目指しましょう。