【評価は自分自身で行う。】



一般的に考えると他人は、過去の

あなた自身を観ています。


例えば、あなた自身が就職をしようとした時、

面接を受けると面接官が過去のあなたの

経歴を聞かれることになると思います。


それは、過去のあなた自身を見て判断しようと

しているのです。


さまざまな場面で起こることですが、

他人の評価は、気にしなくてもいいのです。


なぜならば、あなた自身の能力は、

90パーセント以上眠っています。


コーチング理論を学べは、過去は

関係なく現状の外側にゴールを設定する

ことによって能力を発揮することが

出来るからです。

つまり、

「あなたは、未来のなりたい自分自身に

変わることが出来るのです。」


他人の評価から、自分自身の可能性を

考えなくてもいいのです。


あなたのゴールはなんですか?


ゴール設定は、達成方法がわからないゴールこそが

正しいゴール設定です。


ゴールを設定することによって、あなた自身の

内面から大きなエネルギーが出てくることを

感じることが出来ます。


けして、エフィカシーを下げずに

高いエフィカシーを維持していきましょう。