【趣味は自分のため、仕事は相手のため】




コーチング理論では、複数のゴールを

設定しバランスを取ることが大切ですが、

趣味のゴールと仕事のゴールは

どちらもwant to(やりたいこと)することが

高いパフォーマンスを発揮します。


趣味は自分自身が好きだからやっており、

他の人に関係なく楽しむことが出来ます。


仕事も同様にwant to(やりたいこと)を

やる必要性があります。

なぜならば、自分自身がやりたいことで

相手のために価値を提供出来れば

良いのです。


カリスマ美容師の話ですが、

お客さんの髪を上手く切るために

日々、練習していたそうですが、

どうしてもくせ毛を上手く切る

事ができなかったそうです。


どうしたらいいのか?

考えている時に、海外にいる

先輩に聞いてみると

クセに会わせて切ることが出来たそうです。


そのきっかけをつかんだ瞬間に

海外で修行をし、技術を身につけ、

日本に持ち帰ることが出来たそうです。

その結果、多くの方に価値を提供しているそうです。



自分自身が心から好きであれば

解決策を脳がずっと探し続けます。



~したい、~やりたい、~を好む、~を選ぶ


のを上手く活用して

自分自身のパフォーマンスを上げて行く事が

出来ます。