【思い込みの死角】


思い込みによって脳は、

死角を作ってしまいます。


例えば、自宅から出掛けるときに、

カギがないことに気づくと

「カギがない」と焦りがどんどん

膨らんでいきます。更に、

出勤時間が迫って焦りが

募れば募るほどカギが

見つけられなくなってしまいます。

何かの拍子に、テーブルの上に置かれて

いることに気づくと

「そこは何度も見たはずなのに」と

思うかもしれません。


それは、「カギがない」と

強く思い込むことで見えなくなっていたのです。


あなたが見ている世界は、

あなたの思い込みによって出来上がっています。


自分自身の目標を達成するには、

その思い込みを外すことです。


その思い込みをはずずには、

今の自分自身では達成できないような

ゴールを持つことです。


脳は、目的がなければ昨日までと

同じ生活を繰り返していきます。


つまりスコトーマがかかり昨日までと

同じ生活をします。


ゴールを持つことで、スコトーマが

はずれ、新しい情報が入ってくるように

なります。


それが、スコトーマを外す方法です。


つまり、達成したら心から嬉しい

ゴールを見つけることが重要となります。