【コンフォートゾーンの作り方】

『コンフォートゾーンの作り方』

著者:苫米地英人



現状の外側にゴールを設定する上で、

理解する必要があることは、

コンフォートゾーンです。



コンフォートゾーンとは、

自分自身が居心地のよい

領域のことです。

人は、コンフォートゾーンの中では、

高いパフォーマンスを発揮することが出来ます。



現状の外側にゴールを設定するに

あたって、ゴール側をコンフォートゾーンに

移行する必要があります。


スポーツで考えると

わかりやすいと思います。

ホームでの試合では、力を発揮するが、

アウェーになると力が発揮できなくなる

ことは誰もが知っていることです。



ホームは、いつも慣れ親しんだ場所なので

居心地が良いが、アウェーでは

居心地が悪くなり、創造性が失い

高いパフォーマンスを発揮できなくなります。



つまり、アウェーをコンフォートゾーンに

することが大切となります。


それは、慣れることです。

出来るだけ、アウェーの場所に行って

コンフォートゾーンにすることが大切です。


資格の試験会場であれば、会場に

足を運んだり、就職活動をしているのであれば

その会社に行くことで慣れ親しむことです。


大切なことは、自分自身のゴール側を

コンフォートゾーンにすることです。

あなた自身が達成したゴール側を

コンフォートゾーンにしていきましょう。