過小評価しなくていい

過小評価しなくていい

自分自身の能力の評価は、高く設定すれば

するほど、大きな力を発揮するので

過小評価せずにもっと出来ると自分自身に

語りかけてほしい。



自分自身の現状の外側に設定することで

自分自身の軸が出来てくる。

周りの人と比べる必要はない。


コーチング理論では、自分自身の能力の

自己評価が大切であるが、自分自身の

評価なので、他人を気にしくてもよい。


一人ひとりに可能性があるし、

現状の外側にゴールを設定することで、

使われていない脳の90%以上の能力を

引き出すことがことが出来る。


決して、自分自身を過小評価する必要はありません。


あなた自信のゴールが

能力が発揮される。


一喜一憂することなく、

ゴールを見て行こう。


あなたの確信がエフィカシーを

高めていきます。


年齢も他人の評価も関係ありません。


ゴール側の自分自身へと

変革して行こう。