逆向きに考える

逆向きに考える

人の脳は、知っている情報に

向かう習性があります。



知っている情報に重要性を

感じているからです。



自分自身の能力を引き出したいと

考えた時に、


逆向きに考える必要があります。


それは、

「やりたいこと(want to)」

に焦点を当てることです。




脳は、目標やゴールがあると

達成しようとやり方や

方法を見つけ出そうとします。



今まで気づかなかった情報も

観つけようとするのです。


やり方や方法は、あとから見つかります。

「やりたいこと(want to)」

から考えて行こう。



逆向きに考えることで

重要性が変わり、

あなた自身が見ている

情報も変わっていきます。


脳は、自分自身に

とって必要な情報を

集める機能があるので、

自身の能力を引き出すために

上手く活用して行こう。


壁があっても乗り越える

ことが出来ます。