常識よりも非常識を!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常識だけの世界で生きてしまうと

絶対的な答えがあって一つの

価値観の中から抜け出しにくくなる。


人の脳は、現状を維持する機能があるので、

一つの価値観に縛られてしまうことも

少なくありません。


そこで、気付くことは

ある一つの尺度や価値判断で

決められてしまう可能性があることです。


学校の成績が良かった。

営業の成績が良かった。

から評価される。


でも、

それ以外は、低く評価されてしまいます。


常識的な考えに支配されると

眠った能力に気付くことが出来なくなります。



常に考えてほしいことは、

自分自身の非常識こそが

眠った能力を引き出すからです。


現状の外側のゴールを設定する意味が

ここに隠されています。


脳は、

Want toだからこそ高いパフォーマンスを

発揮することが出来ます。


しかし、have toは逆向きの力になります。


Want toのゴールだからこそ

創造的になれます。

「どうしたらゴールが達成できるか?」

「どこに達成方法があるか?」

「壁を超えることが出来る。何か方法はあるか?」

誰にでも

能力は、眠っています。


「自分自身に語り掛ける言葉を大切にしよう。」


常識にとらわれることもなく

ゴールに向かって行こう。


ゴールは、非常識であるほうが

能力を引っ張り出す力が強くなります。

エフィカシ―は当然、高いと

捉えて進んで行こう。


お問い合わせ先: 

masashi.kinjyou.okinawa@gmail.com

Tel : 090-3792-9276