ゴールの臨場感を高めるとどうなるか?

現状の外側にゴールを設定すると

ゴール側の自分自身に移行していきます。


クライアントからも嬉しい報告があります。


現状の外側のゴールを設定することによって

チャンスを見つけて、それをしっかりと

掴むことが出来ていました。


アファメーションも当然のように

行うことで、

現状の外側の自分自身の

ゴールが自分らしいと

脳が、認識しているからです。



チャンスを見つけて

それを掴むことが重要なポイント

となります。

ゴールは、ぶっ飛んだゴールの方が、

正しいゴールだと正しく認識して、

ゴール側の自分自身に

臨場感が高まるからこそ、

チャンスを見つけ

チャンスをものにすることが出来ます。


だからこそ、

コンフォートゾーンもズレてきます。


現状の外側の自分自身であれば、

飛び込んでみよう。


そのためには、

ゴールが先です。

認識は、あとから生まれます。



つまり、達成方法はあとから見つけるのです。


あなた自身の脳には、

タップリと能力が眠っていることを

認識していこう。



ゴール側るからこそ

楽しいし、

Want toで動けるし、

主体的になれる。


答えは、自然と見えてきます。

答えは、自分で見つけれられると

あなた自身の脳に仕掛けていこう。


もっともっと「出来る」からです。

 

 

 

MAHALO  マハロ
最後まで読んでいただきありがとうござます。 


お問い合わせ先: 

masashi.kinjyou.okinawa@gmail.com

Tel : 090-3792-9276