エフィカシ―を高く維持する。

脳はもともと新しいことや

いつもと変わったことをやらないように

ホメオスタシス(恒常性維持機能)が働きます。




体温が一定である理由もここにあります。

現状を保つ働きがあります。



心理的にも、ホメオスタシスが働き

現状を維持しようとします。



残りの90パーセントの能力を

発揮するには、

“今の自分自身では、達成できないようなゴール”を

持つことです。



「つまり、根拠のない自信を持つことです。」




そして、心からwant to(やりたい)

と思うことであることが大切です。



自分自身が達成したら嬉しいと感じることを

思い浮かべてみて下さい。


「やらなければならない」や「しなければならない」

と思うと脳は、回避しようとします。




脳を上手く活用するには、

心からwant to(やりたい)ゴールを持つこと

で残りの90パーセントの能力を引き出すことが

出来ます。



過去を基準に考えたり、他人の意見も

関係ありません。



自分自身がなりたいゴールを持つことで

達成方法が見えてくるようになって

行きます。



自分の能力の自己評価のことをエフィカシ―

と言いますが、自分はゴールを達成できる

と高いエフィカシ―を持つことが大切です。



しかし、他人にゴールを伝える時に弊害があるので

注意が必要です。それは、

「あなたには出来ないよ。」

という言葉であきらめさせる

ドリームキラーになる可能性があるからです。



それを避ける方法として、

ゴールを言わないことです。



エフィカシ―が高く維持すると

達成方法を脳が見つけ出します。

エフィカシ―を高く維持しましょう。


お問い合わせ先: 

masashi.kinjyou.okinawa@gmail.com

Tel : 090-3792-9276