アファメーションは進行形にする。

アファメーションを作成するときに

 

あなた自身の『行動』も盛り込んでくださいね。