ゴールがあるからこそwant toに変わる

人の脳には、

「want to(~したい)」という

気持ちが先にあるからこそ

前向きに取り組むことが出来る。



Want to(~したい)の動機は、

どこから来るかというと



「ゴールから来ます。」


ゴールがあるからこそ

Want to(~したい)という

エネルギーが沸いてくるのです。




もともと人の脳は、

現状を維持する(ホメオスタシス)が働きます。


つまり、毎日同じ日を繰り返そうとします。


ゴールがないからこそ

毎日、同じ状況を繰り返していきます。


しかし、

あなたの持っているの能力を

引き出したいと思った時に、

ゴールを持つことがタイセツになります。



誰にでもゴールを持つことは出来ます。


ゴールを持っていると

人は、前向きになります。


前向きになるということは、

○ 自分自身のことを好きになれるし、

○ 今までとは、違う自分自身に出会える

○ いつの間にか、笑顔になっている

○ 前向きでいることが当たりまえになる etc...


あなたにとってよりよい状態に

向かっていくのです。


まずは、ゴールを持つことです。



ゴールには、条件があります。


それは、

現状の外側にゴールを持つことです。



つまり、今の自分自身では達成できないようなゴールです。


ゴールを持つことによって、

内面の変化が現れます。


内面の変化があって初めて、

外部に出ていくのです。


ゴール=内面の変化


内面の変化があって、

初めて、やる気つまり

Want to(~したい)という

強い衝動が出てくるのです。


その時に、あなたの持っている

可能性を知ることが出来ます。



もっと自分自身のゴールを

確信してもいいのです。


確信が前向きに働く動機になります。


あなたの持っている思いを強めていこう。


あなたの可能性を認めてあげることから初めてくださいね。



------------------------------------------------------

コーチング動画


【ゴールは誰のものか?】