けして焦る必要はありません。

 

けして、焦る必要はありません。

 

まずは、ゴールの臨場感を

 

上げることがタイセツです。

 

 

なぜならば、

 

ゴールの臨場感を高めることに

 

よってゴール側のセルフイメージが

 

出来上がってくるからです。

 

現状とゴールのギャップを感じた時に

 

ゴールに向かっていくからです。

 

脳には、

 

現状を心地よいと感じる

 

ホメオスタシスが働きます。

 

恒常性維持機能と言いますが、

 

ゴール側の臨場感を高めて

 

いないと現状に戻っていきます。

 

 

元祖コーチのルータイスも言いました。

 

「すべての意味ある永続的な変化は、内から始まり外に広がる。」

 

と話しています。

 

内面の変化を先に

 

起こすことが大切になります。

 

内面の変化を起こすことで、

 

ゴールに臨場感を感じ

 

ゴール側に移行していくのです。

 

内面の変化を起こすことは、

 

現状の外側にゴールをせっていすることです。

 

臨場感を高めることで

 

コンフォートゾーンも移行していきます。

 

けして焦る必要はありません。

 

ゴール達成は、

 

必然的に起こってきます。

 

まずは、内面の変化を起こして行こう。