自分の常識と周りの常識

ある方から

「自分の常識と周りの常識が違っていた。」

と話を聞きました。


学校を卒業して、

自分が考えていた常識が

社会に出てみると違っていたことに戸惑い

何をしていいかわからなくなったそうです。



学校の勉強では、

「答えがある。」

しかし、

絶対的な答えはないことを

知ることの方が大切です。



人によって答えが違うから

当然のことでもありますが、

いつの間にか、

一つの価値観にとらわれてしまう。



もっと多様な考えを持ってもいいし、

やり方も方法も人によって違う。


「答えはない。」ことを

知ることが出来れば、

常識も自分の中の

常識であることがわかるし、

悩む必要もなくなる。


「どうしたら上手くいくか?」

「どんな情報が必要か?」

考えて実践していけばいい。


ゴールから考える視点は大切になってきます。


あなた自身が

やり方はというのは、

一つのやり方でだけでもないし、

沢山のやり方がある。



料理人になりたいと思ったら、

学校に通うこともできるし、

弟子にしてもらってもなれるし、

キャラ弁が上手くなって人に

教えていたりもする。


目標を達成するためには、

いろいろなやり方が出てくるはずです。


どんな方法がいいかは、

あなた自身が選んでいけばいい。


やり方や達成方法は、

わからなくてもいい。


ゴールが決まれば、

スコトーマに隠れていた

情報も脳が拾うようになるので、

「正しい答えがある。」と

考えるよりも、


「どうしたら上手くいくか?」を

考えていこう。


もっと広い視点で物事を

見ることが出来るようになるから、

迷う必要もなくなります。



あなたには、

たくさんの能力が眠っているから

あなた自身が可能性をたくさん持っていると確信して

「考えてみよう」

あなたの可能性を感じる瞬間が

多々起きてきますよ。



絶対的な答えはないから、

あなた自身が見つけた

方法でどんどんやってみよう。

 

 

 

 

 

 


お問い合わせ先: 

masashi.kinjyou.okinawa@gmail.com

Tel : 090-3792-9276