【未来の記憶は上手くいく方に合わせる】

 

 

 

 

現状の外側のゴールを設定することは、

 

未来の記憶を作っていくことになります。

 

 

 

ゴールを設定すると

 

Word(ワード)

 

Picture(ピクチャー)

 

Emotion(エモーション)

 

があなたの変革を

 

手助けをしてくれます。

 

 

 

だから、

 

 

アファメーションも大事

 

セルフトークも大事、

 

ビジュアライゼーションも大事、

 

嬉しかった記憶を持つことも大事、

 

 

あなたのゴール達成に

 

強烈に働いてくれるからです。

 

 

あなたは、

 

どんなゴールを描きますか、

 

ゴールを描くときに

 

失敗するかもしれないと

 

思う記憶を入れこまないように

 

することです。

 

 

 

新しいことに

 

挑戦して上手くいかないことが

 

あったとしても

 

 

今のは、自分らしくない

 

次は上手くいくと

 

自らに働きかけるからこそ

 

未来側のゴールに合致するように

 

なるのです。

 

 

 

「上手くいくに決まっている」

 

「もっと出来て当然だ」

 

「私は、上手くいって当然だ」

 

 

あなたに働きかける言葉は、たくさんあります。

 

 

あなたが描いたゴールに

 

臨場感を感じるためにも

 

未来の記憶を作るのです。

 

 

あなた自身が

 

描くゴールだからこそ

 

脳は、高いパフォーマンスを発揮するのです。

 

過小評価する必要もあります。

 

 

評価は、あなた自身で決めることです。

 

 

もっともっとゴールを肯定していこう。