絢香の曲作り ~創造性を発揮するためにしていること~

 

歌手の絢香さんは、

 

「三日月」や「おかえり」など

 

代表的な曲がありますが、

 

 

メロディーや歌詞は、

 

聴いている人の心を引きつけますね。

 

 

昨日は、たまたま

 

テレビを見ていて、

 

絢香さんの曲作りの

 

話を聞きました。

 

 

曲作りは、思いついた時に、

 

メロディーを録音して

 

アイディアを練っているそうです。

 

そのため、メロディーから先に出来上がって

 

歌詞を作ることが多いそうです。

 

 

話を聞いていると

 

当たり前のことですが、

 

良い曲を出していきたいという

 

気持ちが前面に出ていました。

 

常に曲作りを考えていることが

 

話を通して伝わります。

 

 

ずっとずっと考え続けているから

 

アイディアが浮かんでくると思います。

 

曲は、

 

「2時間とか3時間で生まれる」

 

と話していました。

 

 

一瞬にして生まれていると

 

思われがちですが、

 

その前にずっと考えて

 

いきなり、目の前に

 

バーンとメロディー全体が

 

浮かんでくる感じです。

 

 

アイディアを思い浮かべる前に

 

考え続けているからこそだと思います。

 

人の脳は、つながりのなかった

 

情報をまとめる力があります。

 

それが直観につながっていきます。

 

前提として

 

「良い曲を作りたい」と

 

日常的に考えているからこそ

 

いままで、

 

バラバラだった情報が

 

一気にまとまりを持って

 

生まれていくのです。

 

 

好きなことの話しは、

 

引き込まれますね。

 

絢香さんの話を聞いて

 

「非日常でアイディアが生まれてくることもある。」

 

と話していました。

 

 

また、「飛行機でアイディアが浮かんだ」

 

とも話していました。

 

脳は、現状を維持しようと働きます。

 

つまり、日常を維持しようとします。

 

非日常を体験することに

 

よって新しい視点が生まれやすくなったり、

 

リラックスすることによって

 

視点が広がるようになります。

 

 

たまには、

 

非日常的な空間や人と会うことを

 

楽しんでみることもお勧めですよ。

 

バーンとアイディアが生まれやすくなりますよ。

 

リラックス空間であるとさらに効果が高まります。

 

 


お問い合わせ先: 

masashi.kinjyou.okinawa@gmail.com

Tel : 090-3792-9276