周りが上手くいった時こそエフィカシーを上げる

 

 

周りが上手くいっている時に、

 

あなた自身の

 

エフィカシーを下げないことは、

 

とても大切なことです。

 

 

 

「どうせ自分なんて・・・」

 

という言葉が出てきた時こそ

 

エフィカシーを上げる

 

自分自身でいることが

 

とても大切です。

 

 

 

セルフトークをコントロールする

 

ポイントもそこにあります。

 

 

 

周りが上手くいった時こそ

 

一緒に喜んで、

 

「自分ももっと出来るはずだ。」

 

という言葉に変えてみよう。

 

 

あなたの

 

心のブレーキを外す

 

コツにもなります。

 

 

 

あなたには、

 

まだまだたくさんの能力が

 

眠っています。

 

 

もっと出来ることを肯定すること

 

こそが変革を促すポイントになります。

 

 

 

今の自分自身に

 

フォーカスするのではなく、

 

未来にフォーカスすることに

 

なります。

 

 

 

あなた自身が未来を

 

描くことが出来れば、

 

脳は、あなた自身が

 

描いた世界に向かおうとします。

 

 

 

だから、

 

徹底的に、未来志向で

 

いいのです。

 

 

周りの評価も気にする必要も

 

ありません。

 

 

内面を変えることが

 

先にすることが

 

「なりたい自分自身」に

 

変わるためのコツです。

 

 

 

 

だから、

 

「今」よりも「未来」を見続けよう。

 

 

周りが上手くいったときも

 

あなたの未来に働きかける

 

言葉をあなたに投げかけよう。

 

 

 

 

「私ももっと出来るはずだ。」

 

未来にもっと出来るあなた自身に

 

出会うことが出来るから、

 

ゴールは達成できると

 

確信していこう。