小林祐希×名波浩 「恩師に見せる異端児の本音」を見て

 

 

 

サッカー日本代表・SCヘーレンフェーン 小林祐希選手と

 

元日本代表・現ジュビロ磐田監督 名波浩の

 

対談が昨日テレビで放送されていました。

 

 

http://www.tv-asahi.co.jp/soccer_newperiod/

 

 

小林選手の言葉から、

 

「ずっと日本代表でWカップ優勝すると言ってきました。」

 

と語っていました。

 

小林選手は、SCヘーレンフェーンで活躍してから、

 

日本代表へと選ばれていきましたが、

 

代表でも点をとって結果を出しています。

 

 

 

 

 

利き足とは違う

 

右足を思いっきり振りぬいた

 

一発のゴールでしたが、

 

小林選手にとって

 

いつも通りのゴールだったようです。

 

 

小林選手の言葉から、

 

「イメージがないと出来ない。」と

 

ありましたが、

 

通常であれば、左の選手であれば、

 

左にボールを置いて

 

シュートするタイミングを

 

右足でトラップして

 

そのままシュートをしています。

 

とても自然に決めたゴール。

 

 

 

実践に近い場面で

 

ゴールを狙う練習が

 

功を奏したゴールでした。

 

 

 

人の脳は、イメージ出来るからこそ

 

出来るのです。

 

 

繰り返し、右でも左でも

 

シュートを打てるタイミングを

 

練習してきたのだと思います。

 

 

 

イメージすることが出来て

 

初めて出来るようになるのです。

 

 

コーチングでは、

 

ビジュアライゼーションという

 

言葉を使っていますが、

 

先にイメージを作るからこそ

 

結果が出るのです。

 

 

 

名波監督は、

 

まだ、日本代表に定着していない

 

小林選手に、

 

「これほど野心があるのは、日本にいない。

 

から(日本代表に)なれると思うよ。」

 

と語っていました。

 

 

 

ビックマウスと言われる

 

小林選手ですが、

 

J2から活躍してJ1に上がり、

 

オランダに渡り、活躍し

 

日本代表へと道を歩んでいます。

 

 

 

確実に、

 

小林選手が描いている

 

場面へと近づいている選手ですね。

 

 

 

これからのサッカーを

 

盛り上げていく選手になると

 

思います。

 

 

 

とても楽しみです。


お問い合わせ先: 

masashi.kinjyou.okinawa@gmail.com

Tel : 090-3792-9276