【子どもと絵本の中のヒラメキ!!】

 

 

 

 

小学校低学年の子どもと

 

一緒に絵本を読んでいると

 

絵本の中から多くのことを

 

読み取る力があることに

 

気づかされます。

 

 

 

世界の地図が描かれた絵本を

 

読み終わって、

 

日本の地図が描かれた絵本を

 

読んだ後に、

 

子どもが気づいたことがありました。

 

 

 

それは、

 

日本の一番高い山が

 

世界の中では小さい山だ

 

ということに気づいていました。

 

 

そこから、

 

川の長さや深さの

 

スケールの違いに

 

気づき2つの絵本を

 

同時に読んでいました。

 

 

 

子どもの洞察力には、

 

感心させられます。

 

 

 

子どもが新たな

 

「知識」を得た時に

 

子どもの中でも

 

世界観がどんどん

 

膨らんでいきます。

 

 

「面白い」と思った時の

 

集中力は、抜群です。