· 

課題があるから成長できる。

 

 

 

 

ゴールを設定して、現状の外側に飛び出すときに、

 

「壁」を感じることが多々あります。

 

そんな時、あなたはどんな対応を自分自身にしていますか?

 

 

 

それで、「良し」と自分自身に許可を出してみてはいかがですか?

 

「壁」があるということはあなたの能力を引き出すチャンスなのです。

 

 

ゴールがあるからこそ「壁」が見えてくるのです。

 

もし、ゴールがなければ日々の生活に満足して

 

「壁」も見当たりません。

 

 

今日よりも明日、明日よりも明後日、

 

よりよい人生を良くしたいのであれば、

 

ゴールを設定することが大切です。

 

 

人の脳は、ゴールを設定したとに

 

「無意識」も含めて達成方法を探し出そうするからです。

 

 

大切なことは決して、

 

「ゴールを下げない。」ことがポイントになります。

 

単純な言葉に聞こえるかもしれませんが、

 

自分自身のセルフトークに気をつけてほしいと思います。

 

 

 

もしかしたら、

 

「出来ないかも」「どうせ・・・だから」など

 

現状に戻そうとする言葉が心の中にあるかもしれません。

 

ゴールを下げないということは、

 

「ゴールを達成できる」と自分自身の可能性を確信しているのです。

 

 

 

だから、

 

壁があったときこそ、

 

「よし、やるぞ!!」「私だからこそ出来る!!」

 

自分自身に仕掛けてみてください。

 

脳が積極的に壁を乗り越えるための方法を探し出します。

 

 

 

あなた自身の可能性を信じていこう。

 

もっともっと出来るはずですよ!!

 


お問い合わせ先: 

masashi.kinjyou.okinawa@gmail.com

Tel : 090-3792-9276