人見知りを克服するについて理由を考える

 

人見知りに悩むよりも
 

「なぜ?」を考えることが大切です。
 

 

理由がわかるからこそ
 

解決策が見つかります。

 

 

まずは、自分が変わりたい理由を考えてみよう。

 

必要でないかもしれないし必要かもしれない。

 

 

理由を考えて必要であればやればいい。

 

 

 

初対面で話をすることが苦手


 

初対面で、話をする人が苦手であれば、

 

誰でも初めての方は、緊張するしどんな人かが

 

わからないのでどんな会話をしていいか悩むものです。

 

 

 

無理に話をしなくてもいいと考えることもできます。

 

 

あなた自身が興味がある方であれば、

 

話をするだろうし、

 

仕事の話では、話をする必要があることは

 

自然と出てくるはずです。

 

 

興味があることに関しては、

 

案外、話をしているものです。

 

 

僕自身、つりが好きですが、

 

つりが好きな人には、興味をもって

 

「どんな釣りをしますか?」なんてことを

 

自然と聞いているはずです。

 

 

無理に、話す必要はないですよ。

 

 

 

大勢の前になると話が出てこない。


 

1対1の会話であれば、自然と言葉が出てくるが

 

会議やミーティングなどでは、

 

上手く言葉が出てこないと感じている方も

 

いるかもしれません。

 

 

緊張してしまい何を言っているか

 

わからなくなることがあるかもしれません。

 

 

事前に出来るのであれば、

 

メモを準備して話す内容をまとめておく。

 

 

 

1つずつ考えていくことで

 

人見知りでだめだという考えではなく

 

何をすることが大切かを考えることが出来ます。

 

 

 

過小評価することはやめよう。


 

 

僕が避けてほしいなと思うことは、

 

「人見知りだから自分はダメだ」と結び付けてしまうことを

 

しないということです。

 

 

 

人見知りでも

 

「自分の考えがあるし、価値観を持っている」

 

 

周りの目を気にして自分はダメと思う必要はないのに、

 

必要以上に気にすることがある。

 

 

あなたは、素晴らしいし、

 

素晴らしい面がたくさんある。

 

また、あなたのやりたいことや考え、思いがある。

 

 

卑下する必要はないと決めて、

 

あなたの価値観を大切にしよう。

 

 

あなたの価値観を大切にしたときに、

 

必要以上に周りの目を気にする必要はなくなります。

 

 

過小評価はやめよう。