· 

私は出来ると言い続ける。

 

 

エフィカシーが高い状態というのは、

 

現状の外側のゴールを達成できると

 

ご自身の中で言い続けることが大切です。

 

「私は出来る」という状態をキープすることが

 

出来れば自然とゴールを達成できるようになるからです。

 

 

前提としてゴールがあるからこやりきれる。


 

 

脳というのは、ゴール(目標)を持たなければ、

 

過去の記憶と照らし合わせて行動しようします。

 

 

 

コーチングを活用するということは、

 

ゴールを設定することのなのです。

 

 

脳の仕組みからいうと

 

過去の思考でいるということは、

 

新しいことややってもないことに対しても

 

動こうという気持ちがわいてきません。

 

 

 

この記事を読んでる方は、

 

より良い人生に変えていきたいと

 

思ってみていると思います。

 

 

 

その時に、

 

「より良い人生って何?」と考えなければいけません。

 

 

それは、

 

誰かに与えるものではなく

 

あなた自身で決められることをなのです。

 

 

あなた自身で決められるということは、

 

選択することが出来るのです。

 

 

ゴールがあるということは、

 

未来志向になります。

 

 

 

未来志向であるのであれば、

 

未来から見て今日の行動が決まってくるのです。

 

 

 

 

未来志向という考え方

 

 

未来に「こうなりたい」「やりたい」という

 

出発点があるかこそ成長することが出来るのです。

 

 

 

ゴールがなければ途中でとまってしまったり、

 

今日やらなくていいやと思ってしまうのです。

 

時間は、無限のように感じてしまうと

 

今やる理由がなくなるのです。

 

 

 

そこで、

 

1年後、5年後、10年後について

 

考えてみると今の生活のままでいいのかの

 

視点が入ってきます。

 

 

 

今のままが続いて嬉しいなと思うので

 

あれば、そのままでいいのです。

 

 

 

もっと出来そうだなと思ったのであれば、

 

上手にマインドを使っていく必要があります。

 

 

 

そこには、

 

試行錯誤の繰り返しが必要となっていきます。

 

 

 

試行錯誤と実践

o

 

 

コーチングを活用すると試行錯誤の

 

連続になっていきます。

 

 

やってもないことを始めるからです。

 

 

 

僕がこのように記事を書いているのも

 

もともとは、やったことがないことなのです。

 

続けるということは、僕がコーチングを広めていきたい

 

というゴールがあるからです。

 

 

 

たくさんのことを試行錯誤していく中で

 

ゴールに近づいていくようになります。

 

試行錯誤が出来るのは、

 

「ゴール側の自分であればやっていて当然だよね」

 

思えるようになるのです。

 

 

試行錯誤しながら成長していく。

 

 

 

もちろん、思うようにいかないこと

 

イライラや不安になることもあります。

 

 

 

それは、

 

未来から見れば、ゴールを達成する過程だと

 

理解できるようになります。

 

 

 

ゴールから見て考える視点に変えて

 

試行錯誤をしていくマインドに変えることが出来るのが

 

コーチングを活用したマインドなのです。