· 

子どもが興味を持ったらチャンス

 

 

 

子供に学びや経験を積ませたいと考える親は多いと思います。

 

その中で頭に残る学びや経験を身につける方法は、

 

興味のあるものを広げるという方法があります。

 

例えば、虫に興味があったら虫図鑑を買ったり、

 

恐竜に興味を持ったら博物館に行く方法です。

 

本人の好奇心をかきたてるものを調べていくことです。

 

興味のあるものは自然と知識がはいります。学ぶ楽しさも感じることができます。

 

子供の興味を注意深く見てみよう。たくさん学びのチャンスがあるはずです。

 

 

 

 

 

子供の興味や関心は、大人とは違うところに目が行きます。

 

面白いもので大人が気にしないことをよく見ていますよね。

 

 

 

例えば、ありんこが歩いていれば、じっと観察をして

 

追いかけて見ています。

 

 

僕の娘も10ヶ月になりましたが、外でありんこが通ると

 

指で捕まえていました(笑)

 

 

 

興味があるから知識も身につく。

 

 

もし、あなた自身の子供が興味があることを見つけたならば

 

学習するにもチャンスだと思えることが大人として

 

大切なことです。

 

 

 

興味の対象が向いたなら、本やネット、図鑑など

 

勉強する機会を与えることが出来ますよね。

 

 

 

最近、僕の実家に行くと保育園の時に見ていた

 

昆虫の小さな図鑑が置いてありました。

 

 

 

子供が持ちやすいサイズの図鑑です。

 

 

ボロボロでしたが、よく読んでいたいことを思い出しました。

 

 

 

本当にやりたいことを出来る環境。

 

 

さかなくんのことを知っていますか?

 

 

 

ハコフグの帽子をかぶったさかなクンは印象的ですよね。

 

 

魚のことは詳しいし、イラストもすごく上手。

 

キャラクターも愛らして素敵ですよね。

 

 

 

さかなクンの子供の時に様子を聞い見てると

 

毎日、タコの絵を描くくらい好きだったそうです。

 

また、お店に行くと魚をかってほしいとねだっていたそうです。

 

 

 

学校では、タコの絵ばっかり描いていることを

 

お母さんは先生から注意を受けたこともあったそうです。

 

そのことについては、

 

「この子が好きだからいいじゃない。」というような

 

ことを言っていたそうです。

 

 

 

子どもが自分のことを表現できる場があったからこそ

 

さかなクンが生まれたとのです。

 

 

やりたいことに真っすぐになれるって素敵ですね。