【私の妹はダウン症No 13】 言葉の訓練について

 

ダウン症の妹が言葉の発達する中で訓練を行っていたそうです。

 

言葉の訓練の必要性やどのように変わっていったのかのを話しています。

 

 

 

言葉の教室というものがあって、障がいを持っている方が

 

集まる場所に通って言葉の練習をしていたそうです。

 

 

ダウン症の方は、言葉がはっきりしなかったり、

 

本人が思っている想いを届けることが苦手なことがあるそうです。

 

 

 

コミュニケーションを取るうえで

 

はっきりと伝えることはとても大切だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

プロフェッショナルコーチ金城将士

 

沖縄国際大学心理カウンセリング選考卒業。苫米地式マスターコーチの青山龍氏に師事し、ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にてコーチングとビジネスを学ぶ。読者やwebデザイン、気功なども趣味で行っています。一児の父親でもある

 

詳しくはこちらをクリック


ブログテーマ

お問い合わせ先: 

masashi.kinjyou.okinawa@gmail.com

Tel : 090-3792-9276