【私の妹はダウン症No 13】 言葉の訓練について

 

ダウン症の妹が言葉の発達する中で訓練を行っていたそうです。

 

言葉の訓練の必要性やどのように変わっていったのかのを話しています。

 

 

 

言葉の教室というものがあって、障がいを持っている方が

 

集まる場所に通って言葉の練習をしていたそうです。

 

 

ダウン症の方は、言葉がはっきりしなかったり、

 

本人が思っている想いを届けることが苦手なことがあるそうです。

 

 

 

コミュニケーションを取るうえで

 

はっきりと伝えることはとても大切だと思います。