【私の妹はダウン症No 14】 気持ちの切り替えについて

 

私の妻である金城美香が妹のことについて話をしてくれました。

 

障害を持っている家族の気持ちを語ってくれました。

 

「親」と「兄弟」の考えの違いだったり、小さい時から考えてたことをお伝えしています。

 

僕が凄いなと思ったことは、妹の将来について、

 

小学校のころから考えていたと聞いたことです。

 

小学校のころから両親が亡くなった時に、

 

「妹を自分が見なくてはいけない。」と考えていたそうです。

 

 

障害を持っている家族であれば、気持ちのことを気にしながら

 

日々過ごしている方もいると思います。

 

気持ちの切り替えって大切ですよね。障害を持っていても同じ。

 

家族の関わりの中で見つけていくものであるとも思います。

 

 

 

パニックという言葉があるように

 

何らかの気持ちの整理がつかない時に

 

切り替えが出来なかったり、

 

次の行動が難しいと感じることが

 

ダウン症の方にもあります。

 

 

 

障がいのある家族がいる方は

 

経験している方も少なくないと思います。

 

 

 

・外食に行って席を離れようとするときに、動かなくなる。

 

・学校に行くタイミングがずれると動かない。

 

・声のトーンに反応してイライラしてしまう。

 

 

それぞれだと思いますが、

 

 

そんな状態から気持ちを切り替えることが

 

難しいこともあると思います。

 

 

 

一つずつ向き合っていくことが

 

大切かなと思います。

 

みんなひとり一人違うので、

 

どの方法がいいかを考えることが

 

大切だと思います。

 

 

 

でも、

 

いわれなくてもわかっていること

 

 

 

だから、一緒にいる方も気持ちの安定することを

 

見つけることも大切だと思います。

 

 

 

心の余裕を持つこと

 

 

 

意識することで自分のことを理解し、

 

向き合い方も案外変わるものです。