· 

行き当たりばったりでいい。

 

 

ゴールを設定する中で行動が出来ないと思う方にお伝えしています。

 

現状の外にゴールを設定するということは、

 

今とは違う選択肢を選ぶことでスコトーマが外れやすくなります。

 

これだと思ったら、エイヤーと一歩踏み出してみよう。

 

それは、行き当たらりばったりでいいですよ。

 

 

 

現状の外側のゴールであれば、当然今とは違う選択をする必要があります。

 

 

全部わかってからの思考でいると

 

立ち止まってしまう可能性があります。

 

 

わかったところから動いてみる。

 

 

もちろん、調べることは大切ですが、

 

実践もするのです。

 

 

 

やってみて違うことや

 

やってみてこれだという感覚を大切にするのです。

 

 

 

そこで、重要なことは、

 

ゴール側から考えてみることです。

 

 

 

現状の外側だから今はわからくてもいい


 

 

通常、目標を設定してね。

 

と言われたときに、

 

 

すぐに

 

「どうやってやるの?」

 

と質問をする方がいます。

 

 

しかし、コーチングでは、

 

今は、どうやってやるかがわからなくてもいい。

 

と伝えています。

 

 

なぜ、「わからなくていいか」というと

 

脳が、積極的に考えるようにするためです。

 

 

すぐに、どうやってと考える前に

 

ゴールを達成した自分を考えることの方が

 

重要となります。

 

 

 

達成方法は後から見つかる


 

 

本当にやりたいことに胸がいっぱいになるのであれば、

 

人の脳は、クリエイティブになります。

 

 

クリエイティブな方向にご自身を変えるために

 

方法は後から見つかるという気持ちを

 

持つことが大切です。

 

 

やりたいことを先に見つければ、

 

やりたくて仕方ない状態へと変わっていくからです。

 

 

 

例えば、

 

あなたが好きなアーティストはいますか?

 

好きなアーティストの情報はついつい

 

ネットや雑誌を見て情報を見つけていませんか?

 

 

気になってライブに足を運んだ経験はないですか?

 

 

 

ついつい足を運んでしまう。

 

 

 

ゴールを設定することで

 

ついついやってしまう状態にするのです。

 

 

人の行動というものは面白いもので、

 

したい、やりたい、選ぶ、好むことで

 

あれば、普段以上に活発になるものです。

 

 

 

しかもついつい見つけてしまうのです。

 

そして、ついついやってしまうのです。

 

 

だから、ゴールに浸ることから始めて下さいね。