· 

コーチングを活用する中で押さえておきたいこと。

 

 

コーチングを活用するようになると未来側の自分自身に変わっていきます。

 

未来側の自分自身というのは、「なりたい自分」になるということです。

 

ご自身が変わっていくことは凄くうれしいことです。

 

 

そこには、高揚感だか、今までとは違う自分自身であるから

 

自信も出てきて行動的になり、やりたいことを基準に考えることが出来るようになります。

 

とても素晴らしいことです。

 

 

自分自身が嬉しくても周りが望んでいないことがある。


 

あなた自身が変わっていくことで、コーチングの良さに気づいていきます。

 

セルフコーチングが上手くいっている体感がえられると

 

周りにも良い影響を与えるようになります。

 

 

「ゴール設定の素晴らしさに気づくからです。」

 

 

だけど、

 

周りに押し付けないこともご自身の中で理解することが大切です。

 

コーチングを活用する方の前提として「変わりたい」という気持ちがあります。

 

 

「変わりたい」とい前提があるから変わることが出来るのです。

 

 

だけど、現状の中で生活したいと考える方もいるのです。

 

どっちがいいかは人それぞれなのです。

 

 

 

セルフコーチングが上手くいくと高揚感があり、

 

ゴール設定について伝えたくなることがあります。

 

 

だけど、必要としていない方もいるのです。

 

 

 

 

脳の機能としてプッシュプッシュバックがある。


 

人の脳には、押されたら押し返したくなる気持ちが出るものなのです。

 

それが、プッシュプッシュバックです。

 

 

例えば、あなたの友人がいて、いつも楽しい会話をする方がいたとします。

 

ある時期になって、保険の会社に勤めるようになりました。

 

その日を境に、友人が保険の勧誘をするようになりました。

 

あなたは、必要と感じていないのに言われてしまうと

 

会いたくないなという思いになるはずです。

 

 

 

一緒に、楽しい会話をして過ごしていたいのに必要以上に勧められたからです。

 

 

だから、必要としているかどうかを考えてから

 

話す必要があるのです。

 

 

 

誰に必要かを考えることが大切です。

 

 

 

コーチングも同じで必要な人に伝えることが大切になります。