初めは、ゴールの数を増やしてみる。そこから、心からやりたいことを見つける

 

 

コーチングを知って、学び始めたときに

 

「自分の本音のゴールってなんだろう?」と

 

考えこんでしまうこともあるかもしれません。

 

 

当然のことかもしれませんが、

 

「現状の外のゴールを設定してください」といわれても

 

わかるようなわからないような感覚がると思います。

本音と現状の外側について

 

 

ゴールを設定すると考えたときに、

 

「本音の部分」と「現状の外側」という視点について

 

考えてほしいと思います。

 

 

 

「本当にやりたいことか」どうかについては、

 

やってみないとわからないことであったり、

 

他人から言われたものを自分のゴールにしている

 

可能性があります。

 

 

 

もしかしたら、心の中にやりたいことを

 

隠している可能性もあるのです。

 

 

自分で気づけていないこともあります。

 

 

 

それだけでなく、

 

「現状の外側のゴール」というだけで、

 

頭を悩ましてしまうかもしれません。

 

 

 

ゴールをたくさん設定して、見つけ出していく。

 

 

コーチングでは、ゴールをたくさん設定することをお伝えしています。

 

 

一般的には、

 

バランスを取ることに焦点を当てて言っています。

 

人生において、仕事だけの人生という考えだけでないはずです。

 

 

 

家族のことも考えたり、趣味のことを考えたり、

 

お金について考えたり、子供のことを考えたりと

 

1つの部分だけでなく、全体をバランスよく

 

考えるからこそより良い人生に変えていけるはずです。

 

 

 

もう1つの考えとして、

 

たくさんゴールを設定して、「本音に気付くことです。」

 

 

やりたいことであれば、続ける。

 

やりたくなければ、やめる。

 

 

シンプルなことですが、私たちって

 

手放すことが苦手な脳になっています。

 

 

 

失恋すると引きずってしまう。

 

そんな感じです。

 

買ったものを簡単に捨てられないこともあります。

 

 

 

だけど、

 

ゴールがあるということは、

 

未来に求める生き方があります。

 

未来を考えたときに、何を残して何を求めていきますか?

 

 

 

ゴールを持つことは、今の自分自身の基準が出来るのです。

 

新しい恋を見つけようとするかもしれない。

 

使っていない、パソコンを捨てるかもしれない。

 

私たちに本当に必要なものを教えてくれるのがゴールです。

 

 

 

現状の外側に本音のゴールに気付くことが出来れば、

 

あなたの今の在り方が変わっていきますよ。