過小評価しないために誰かと比べることをやめる

 

 

他人と比べてしまう癖を持っていますか?

 

「あの人がうらやましー」「あの人のようにできない」

 

なんて言葉がこころに浮かんだときに

 

比べる必要がないことをしろう。

 

 

「私の人生は、私が決める」ことのほうが健全だからです。

 

 

比べてしまうと自分のことを下げてない。

 

過小評価していない。

 

だけど、他人のことを過小評価する必要もない。

 

 

 

当然だけど、みんな違う、

 

違うのであれば、自分の価値観を大切にしてみよう。

 

 

もう一度、確認してほしいことは、

 

「私の人生」ということ

 

周りを気にするよりも私が目指すとこをみよう。

 

 

 

ウサギとカメという話があります。

 

誰もが知っている話です。

 

 

 

ウサギは、速いけど途中で休んでいるうちに

 

カメが追い越して先にゴールをしたというお話。

 

 

 

ウサギは、誰をみていましたか?

 

ウサギは、カメを見ていました。

 

カメは、ゴールを見ていました。

 

 

 

ウサギは、カメと比べて自分の評価を下げていますよね。

 

ゴールを見れば、速かったはず。

 

カメは、遅いかもしれない。

 

でも、ゴールを見ている。だから、ゴールは必ずたっせいする。

 

 

 

他人を見ていると自分の成長がないこともわかるはずです。

 

 

 

見るべきところはゴール。

 

あなたのやりたいことにエネルギーを注いでいくことが

 

私たちの成長になりますよ。