金城将士

 

パーソナルコーチ

人見知り解消コーチ

デザイナー

 

沖縄国際大学心理カウンセリング卒業。苫米地式マスターコーチの青山龍氏に師事し、ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にてコーチングとビジネスを学ぶ。読者やwebデザイン、気功なども趣味で行っています。一児の父親でもある。

 

コーチングに対する想い

私は、コーチングに出会う前までは、

 

人に会うことや話をすることがとても苦手でした。

 

話をしていても心が繋がっていない感覚があり、

 

愛想笑いで乗り切って過ごしていました。

 

 

 

一時期ですが、

 

「友達なんていなくていい。」と

 

思っていたい時期もありました。

 

 

 

その頃の私を思い返してみると

 

「自分の話なんて面白くない。」

 

「間違ったらどうしよう。」

 

誰かと過ごすときそんな感覚を

 

持って接していました。

 

 

いつの間にか

 

人を遠ざけるようになりました。

 

 

 

仕事をしてみても

 

その場だけの関係で終わったり、

 

誘われても

 

その場をただ過ごしているだけ、

 

みんなが思いおもいに話している姿が

 

凄いなと思っていました。

 

 

 

そんな中で、

 

苫米地英人博士の書籍を読んで、

 

 

「ゴールを設定する。」ことで、

 

人は変わることができる。

 

そんな言葉が心に残り

 

苫米地英人博士の書籍がいつの間にか

 

増えていきコーチングの可能性を感じました。

 

 

 

 

僕自身もコーチングについて深く学ぶために

 

苫米地式マスターコーチの青山龍氏から学ぶ

 

機会を得ることができました。青山龍氏の

 

グループコーチングを受けていると私の頭の中に、

 

「未来に対する強烈な想いが頭の中で渦巻いていました。」

 

コーチング理論で言えば、「一瞬にしてエフィカシーが高まる」

 

そんな体感をすることができました。

 

エフィカシー(「ゴールを達成できる自分の能力の自己評価」)が高まることによって、

 

「私はもっと出来る」という気持ちが溢れてきました。

 

僕自身の周りでもコーチングを受ける前までには、

 

思いつかなかった出来事が起こるようになってきました。

 

 

 

人脈がない中で、青山龍氏を沖縄に招いて

 

社会人や中学校で200名余りびセミナーを企画することができました。

 

また、某会社でコーチング理論のセミナーを行ったり、

 

フラダンスの全国大会にバンドとして出場することが出来ました。

 

 

 

私たちは、能力は沢山眠っているのに

 

自分でブロックをかけたり、他人の言葉によって

 

左右されていることがあることを理解することが出来ました。

 

 

 

いつの間にか

 

「他人の評価ばかりを気にしている自分」

 

「完璧はないはずなのに完璧じゃ泣かイケナイ」

 

そんな自分がいることに気づくきました。

 

 

 

本当は、

 

「やりたいことって何?」を

 

考えることが大切!!

 

 

私たちの脳は、自分が「やりたい」と

 

思ったからこそ力を発揮することが

 

自分の能力を発揮するためのマインドの使い方

 

本音を大切にしよう。

 

 

自分の本音に気づこう。

 

いつの間にかフタをしていないかに

 

気づいたときに変わることが

 

出来るから、「want to(~したい)」を

 

見つける人生を送っていこう。

 

 

 

 

私自身が変わることで、

 

周りにも良い影響を与えることが

 

出来る日々を送ることが出来ています。

 

 

 

人には、たくさんの能力がまだまだ眠っている」そんな言葉が好きです。

 

ミッション:『お互いの価値を認め合う社会を実現する』

 

 

youtube動画が500本を超えました。

 

want toでやれたからこそ

 

出来たことです。

 

 

今までの自分であったら恥ずかしかったことが

 

ゴールを設定することで

 

いつの間にか500本を超えていた感覚です。

 

自分の内面にある世界をたいせつにしよう。



お問い合わせ先: 

masashi.kinjyou.okinawa@gmail.com

Tel : 090-3792-9276