金城将士

 

パーソナルコーチ

デザイナー

 

沖縄国際大学心理カウンセリング卒業。苫米地式マスターコーチの青山龍氏に師事し、ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にてコーチングとビジネスを学ぶ。読者やwebデザイン、気功なども趣味で行っています。一児の父親でもある。

 

コーチングに対する想い

コーチングを通してあなたの能力を引き出し、

 

可能性を切り開きゴールを達成するために

 

コーチとして活動していきます。

 

 

コーチングとは、

 

「40年以上の実績に裏打ちされた

 

コーチング技術と最新の機能脳科学、

 

認知科学、社会学習理論、教育理論など

 

多分野における研究成果とノウハウを

 

ベースにさまざまな分野で成功するための

 

「脳を味方につける方法、技術」です。

 

 

私は、沖縄国際大学で心理学を学び人が

 

どのように学習するか?に興味を

 

持つようになりました。

 

 

大学を卒業しても、仕事をしながら

 

本を読み、人がどのように成長するかに

 

興味を持ち続けました。

 

 

自己啓発の本をたくさん読みましたが、

 

私の中で、しっくりこないことが多く、

 

モヤモヤした感じをいつも持っていました。

 

 

そんな中で、

 

苫米地英人博士の

 

「コンフォートゾーンの作り方」

 

の書籍に出合う。

 

 

 

「現状の外側にゴールを設定すること

 

で達成方法が見えてくる」

 

ことがわかり衝撃を受ける。

 

 

これまでの私は、

 

やり方や方法、テクニックに

 

ばかりに興味を持っていましたが、

 

逆の発想だったことが

 

わかりました。

 

 

ゴールがあって、

 

初めて、やり方や方法が見えてくる。

 

それが正しい目標を達成する方法。

 

真逆の考え方だったのです。

 

 

私自身が、よりコーチングが

 

素晴らしいと感じた理由は、

 

 

 

ある出来事が私自身の中で起こりました。

 

それは、私の妻が突然、体が硬直して

 

起きれなくなったことです。

 

会社勤めをしていた私の妻は、

 

疲弊してしまい、「うつ」になってしまったのです。

 

精神科の病院の先生から

 

この言葉を聞いた時に近くにいるのに

 

「なにもできていない自分自身に罪悪感」を

 

感じたことを覚えています。

 

 

そこで思い出したことは、

 

苫米地英人博士の書籍に出てくる。

 

「have to(~しなければならない)ことは、しなくていい。」

 

という言葉が心の中に響いてきました。

 

その言葉を胸に、妻の会社に行って

 

退職を申し入れをしていました。

 

 

僕自身、人見知りで

 

人と会うことが苦手でしたが、

 

家族のゴールから

 

「これは、おかしい」という

 

思いが自然と溢れて出し

 

動き出していました。

 

 

 

コーチングの言っている

 

ゴール設定が私たちの

 

「行動」の掻き立てる要因なのです。

 

 

そして、

 

苫米地式マスターコーチの青山龍氏に

 

出会うことを決めました。

 

 

 

エフィカシーの高い青山龍コーチと対面した時、

 

今まで感じたことのないワクワク感を感じました。

 

頭の中で、ゴールがどんどん膨らんでいく

 

感覚が身体で感じることが出来ました。

 

 

グーループコーチングを受けていると

 

私の頭の中に、

 

「未来に対する強烈な想いが頭の中で渦巻いている。」

 

ことを感じることが出来ました。

 

 

 

その出会いをきっかけに青山龍コーチによる

 

ハイバリューリーダーコンサルタント養成講座で

 

コーチング理論とビジネスについて学ぶ。

 

日々、内面から変革が起き行動が変わっていく

 

自分自身を感じることが出来きました。

 

 

 

コーチング理論で言えば、

 

「ゴールを達成できる自分の能力の自己評価」が

 

高まることによって

 

「私はもっと出来る」という

 

気持ちが溢れてきました。

 

 

 

コーチングを受ける前までには、

 

思いつかない出来事が起こるようになりました。

 

僕の妻が、フラの大会で優勝をし、

 

教える側に変わっていました。

 

 

私自身

 

某会社でコーチング理論のセミナーを行ったり、

 

青山龍氏を沖縄に招いて社会人や中学校で200名余りの方に、

 

コーチングを広める活動のプロジェクトに

 

関わるようになっていました。

 

 

 

僕自身もよりゴールを達成するための活動に

 

参加するようになったり、周りに人との関係も

 

より良くなっていきました。

 

 

 

書籍だけの知識だけではなく、

 

実際に青山龍コーチから学ぶことで

 

コーチングの凄さを肌で感じることが出来ました。

 

 

 

 

人には、「たくさんの能力がまだまだ眠っている」

 

そんな言葉が今では、とても好きです。

 

 

 

今度は、あなた自身がもっと出来ることを感じてほしいと思い

 

発信していくことを決意しコーチングの普及活動を行っています。

 

 

 

コーチングは、

 

「40年以上の実績に裏打ちされた

 

コーチング技術と最新の機能脳科学、認知科学、

 

社会学習理論、教育理論など多分野における

 

研究成果とノウハウをベースにさまざまな分野で

 

成功するための「脳を味方につける方法、技術」です。

 

 

 

ミッション:「お互いの価値を認める社会を創る」