金城将士

 プロフェッショナルコーチ (脳と心の専門家)

 

沖縄国際大学心理カウンセリング卒業。苫米地式マスターコーチの青山龍氏に師事し、ハイバリューコンサルタントリーダー養成講座にてコーチングを学ぶ。趣味は、読書、散歩、お寺巡り。一児の父親でもある。

 

 

 


内向的な自分に悩んでいた


 

私の子供の時代ですが、母親からの話によると保育園のころに引っ込み思案なため、先生に相談していたそうです。学生のころは、積極性がないという理由で、部活のキャプテンにさせられることもありました。

 また、友人を作ることが苦手で、話しかけてもそっけない自分がいました。

大学時代は、「友達はいらいない」と思っているほど人と関わることを避けてきました。

 社会人になっても人と会うときに緊張して話がまとまらなかったり、「何を言ってるかわからない。」と言われることもしばしばありました。

 


コーチングを学び、実践して変わったこと


 

コーチングに出会って私自身変わったことは、先に、内面が充実することが先に起こりました。否定的なことばかり、多く考えていることに気付きました。

 

 内面にある出来事に意識を向けることが出来るようになるとポジティブに変わることをコーチングを通してわかるようになりました。

 

初めは、行動するときに不安がたくさんありましたが、コーチングを実践していると企業でセミナーを開催したり、県外から講師を招いてセミナーを企画するようになっていました。また、フラダンス全国大会ではギターのバック演奏もすることもでき、充実した日々を送るようになっています。

 

沖縄だけでなく、県外やアメリカにも知り合いが出来き、縁起が広がり、深いつながりを感じています。また、自分自身が良くなることうつを経験した奥さんが、明るく日々過ごすようになりました。

 

You Tube投稿にチャレンジ中です。

http://bit.ly/1MXxM24

 


コーチングを通しての想い


 

コーチングを通して変わっていくことを実感したことで、内向的な方へのコーチングを目指すようになりました。

 

目的は、

 

①内向的であっても人生を有意義にする。

 

②内向的な方への内面の変革と可能性を引き出していく。

 

お陰さまで、多くの方にご連絡を受けるようになりました。これからもよろしくお願いします。

 

 

パワハラ解決コンサルタント 三國雅洋よりインタビューを受けました。